地域情報 産直ブログ

レジャー2021.10.07

驚きの旨さ!伝統の波切節の『かつおの天ぱく』

みなさん、こんにちは!
リージョナルキャリア三重の三田 佳奈子です。

鰹節と言えば、「鰹パック」のような削られてパッケージに入ったものを思い浮かべる方が
多いと思いますが、削られる前の鰹節を見たことはありますか?
地域にもよると思いますが、昭和40~50年代にはまだ各家庭に鰹節削り器があり、鰹節を
削っていたのではないでしょうか。

三重県では志摩市大王町波切(なきり)が鰹節の産地として地元では有名です。
全国的にも有名だと思っていましたが、現在では、鰹節の約70%は枕崎、指宿などを中心とする
鹿児島県、2位の静岡県(焼津など)を加えると全国の鰹節の約99%がこの2県で生産されている
そうです。
波切は、以前は枕崎や焼津と肩を並べる鰹節の一大産地でしたが、御木本幸吉が真珠養殖を発明し、
多くの鰹節生産者が真珠養殖に鞍替えしたので、それ以前は100軒以上あった鰹節生産者が今は
3軒しかないそうです。

先日、ご縁があって三重県志摩市大王町波切で伝統的な波切節の生産を続けている『かつおの天ぱく』さん
の鰹燻し小屋を見せて頂きました。

『かつおの天ぱく』さんのある志摩市大王町波切は、鰹節と波切の灯台で有名です。
雄大な太平洋に迫り出した志摩半島のリアス式海岸の突端にそびえ立つ灯台の姿に魅了されました。
写真① 波切灯台.jpg

灯台から海岸沿いを歩いていくと、実際に『かつおの天ぱく』さんの燻し小屋が見えてきます。

写真②外観.jpg

写真③外観.jpg

入口を入ると、築100年の建物があります。
写真左側は、以前は住居として使われていた母屋、右側が鰹燻し小屋です。

写真④せいろ1.jpg

写真⑤せいろ2.jpg
鰹燻し小屋には、このようにせいろが積んであります。
このせいろの中に鰹なまりぶしを入れて、繰り返しいぶして鰹節に仕上げます。
せいろには、志摩郡波切町と書かれており、その後志摩郡大王町波切、そして現在の
志摩市大王町波切と変遷していますので、この表記にも歴史を感じます。

写真⑥.jpg

写真⑦.jpg

写真⑧.jpg

今は、自宅に鰹節削り器のない家庭がほとんどですので、『かつおの天ぱく』さんの商品も
用途に合わせた削り節ですが、鰹節そのものや、鰹節削り器も販売しています。

現在も伝統の波切節の生産を守り続けている『かつおの天ぱく』さんの鰹燻し工場と波切の
灯台をぜひ訪ねてみてください。



この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定コンサルタント
三田 佳奈子

バックナンバー

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
津市 四日市市 伊勢市 松阪市 桑名市 鈴鹿市 名張市 尾鷲市 亀山市 鳥羽市 熊野市 いなべ市 志摩市 伊賀市 員弁郡 北牟婁郡 桑名郡 多気郡 三重郡 南牟婁郡 度会郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
管理職 マネージャー 【キーワードを入力】
相談会情報を探す