リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

三重へのリージョナル転職を見事実現された候補者の橋本 勇司さん(仮名)にインタビューしました。

システムエンジニアこそ、自分の歩む道。そう決めて、1年に及ぶ転職活動を展開。

社会人となって以来、ずっと三重県で暮らしてきた橋本勇司さん(仮名)。システムエンジニアとしてキャリアを積んでいたものの、社内事情からシステム開発以外の業務に携わることが増えていた。このままでいいのか...自分が本当にやりたいことは何か、を改めて見つめ直し、やはり自分はエンジニアの道でこそやりがいを味わえるのだ、と実感。地元の三重県で、開発に携われる会社を探そうと考えた。求人件数自体がそれほど多くない三重県で望む仕事に就くため、橋本さんはアーリーバードエージェントのアドバイスを参考にしながら、粘り強い転職活動を展開。1年に及ぶ活動の後、地元密着型の歴史ある企業である東洋電機に出会う。エンジニアたる自分の能力が発揮できそうな仕事内容に加え、誰に対しても礼節を持って対応してくれる職場風土にひかれ、入社を決めた。今、橋本さんは、思う存分システムに携われる喜びを味わっている。

- プロフィール東洋電機株式会社 橋本 勇司さん(仮名) 44歳/高校卒
- 転職活動【転職回数】2回【転職期間】エントリーから内定まで354日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 システムエンジニア兼総務 職業 システムエンジニア
業界 食品メーカー 業界 専門商社(電気機械器具卸売)
仕事内容 社内基幹システムの改良・保守、及び、総務・庶務業務全般 仕事内容 地元企業、学校、官公庁等における各種アプリケーション・システムの開発

1“エンジニア”以外の業務ばかりが増える日々に疑問を覚えて。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

顧客からの依頼を受け、生産管理や販売管理など事業推進の基盤として使われるシステムを企画・開発しています。お客様となるのは、三重県内の地元企業や学校、官公庁です。新規開発のプロジェクトだと、半年以上かかることも珍しくありません。長い時間をかけ、時にはシステムだけでなくサーバ導入まで含めた一括提案を行っています。

入社前のご経歴を教えてください。

出身は石川ですが、中学時代に大阪へ引っ越し、高校卒業までいました。社会に出て大阪本社のシステム開発会社に就職しましたが、配属先は三重県。以来、ずっと三重で暮らしています。最初の会社では、顧客企業に導入したシステムの運用管理を行うため、いろんな顧客先に派遣されていました。しかしいつまでもそうした、一つの場所に落ち着けない働き方を続ける自信がなくなってきて、食品メーカーに転職。そこでは総務部に配属され、社内の基幹システムの保守・改良を手がけました。

転職のきっかけは?

総務部に配属されていた私は、システムだけでなく総務部の他のスタッフがやっている仕事も手伝っていました。書類作成や手続き関係などです。それがだんだん、総務の仕事の方が主になってきたのです。業務の7割くらいは総務関連となり、これでいいのか?と疑問を覚えるように。改めて自分は何をやりたいか問い直し、やっぱり私はエンジニアだ、と痛感したのです。エンジニアとして技術の発揮できる仕事がしたい、と転職を考えるようになりました。

転職活動はどのように進めましたか?

子どもが既に大きく転校はさせにくかったし、単身赴任もしたくなかったので、地元の三重で働けることが大前提でした。そしてまずは、ネットの大手求人サイトに登録。しかし私としては、情報収集から応募までネットで完結してしまう転職活動ではなく、できれば対面で、顔を突き合わせて相談したいという思いがありました。これを最後の転職にしたかったからです。とは言え、ローカルの三重県にはエージェントの数自体、多くありません。どこかないかと探していたところ、アーリーバードエージェントを発見。早速登録すると、エージェントの伊藤さんからすぐに連絡がありました。いろいろご紹介頂いたのですが、なかなか自分の志向が活かせそうな会社に出会えません。でも焦りませんでした。そんな私を、伊藤さんは親身になって、粘り強くサポートしてくれました。結局伊藤さんには、1年位お世話になったと思います。

今の会社に決めたポイントは?

東洋電機は創業1946年と歴史が長く、三重県に根付いて事業展開している点に興味を抱きました。その後、面接で社内のいろんな方にお会いしたのですが、どの方にお会いしても人あたりが良いのです。年齢の上下や役職の有無に関係なく、会う人全ての対応が良く、偉ぶったところが少しもない。もちろん、任される役割もシステムエンジニア。腰を落ち着けて転職活動を行った甲斐がありました。

2お客様と夢を語り合い、共に困難を乗り越える達成感がある。

転職していかがでしたか?

前職での2年間はすっかり総務の仕事が中心で、システムエンジニアとしての仕事はほとんどありませんでした。技術進化の早いこの業界で2年のブランクがあって、再び第一線でやっていけるか…という不安があったことも事実ですが、その点は杞憂でしたね。エンジニアとして再びステージに立てた、という喜びを味わっています。

生活面での変化はいかがですか?

自宅からの通勤ですので、生活面で大きく変わった点はありません。以前は車で通勤していたけれど、今は電車通勤に変わり、電車・バスの時間を見ながら退社時間を調整するので、規則正しくなりました。残業はむしろ減ったと思います。

転職してよかったと思うことは?

何と言っても、システムエンジニアとしての本来の仕事に集中できることですね。特に新規案件の場合、システムの企画段階からお客様と綿密に打ち合わせます。この段階では、互いに「システムによってこんなことを実現したい」と、夢を語り合います。そしてその夢に向かい、一つひとつシステムを形にしていきます。途中にはいくつも壁があり、壁に直面している最中は苦しさを感じるのですが、それだけに乗り越えた時の充実感もまた大きいのです。やがて完成し、「システムを入れて良かった」と喜ぶお客様の顔を見る時の達成感は、何物にも代えがたい。つくづく自分はエンジニアだな、と実感します。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

転職にあたっては、「なぜ転職するのか」という目的を明らかにし、そこにこだわり続けるのが大事だと思います。目的がぶれると、どれだけ求人案件を紹介してもらっても、自分にふさわしい仕事かどうか判断できなくなってしまいます。一方、自分自身の売りを自覚することも重要ではないでしょうか。自分のセールスポイントをしっかりプロデュースできれば、採用する企業側も判断しやすいはずです。私は転職まで1年かかりましたが、アーリーバードエージェントさんの親身なフォローもあり、満足行く会社を発見できました。目的と自分の売りさえ明確なら、興味を持ってくれる企業は必ず現れます。


コンサルタントの紹介へ

株式会社アーリーバードエージェント 伊藤 秋則

面談以来ずっと、橋本さんの強烈なキャリアアップ志向を感じていましたので、東洋電機株式会社様からのSEのご依頼は願ってもないお話でした。ここ2年ほど兼任業務が続いておられましたので、SEとしての勘を取り戻すための猶予期間が必要ではないかと少しばかり心配いたしましたが、そこは橋本さん!常日頃からシステムインテグラーとしての目線で業界動向をしっかりとウォッチされていましたので、入社後すぐにキャッチアップされ、新しい環境にもスムーズになじんでいただくことができました。受け入れ態勢を万全に整えていただいた職場の皆様のおかげでもあり、大変感謝しております。今後ますます、ユーザーへの思いやりに満ちたシステムが紡ぎだされていくことを確信しています。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア三重